ユダマッスルの今日も頑張りマッスル!

痩せたいならスクワット!

time 2016/07/08

痩せたいならスクワット!

こんにちは!ユダマッスルの油田です。

東大阪は蒸し暑いです!

こんな日はエアコンの効いた部屋でワークアウトですね♪

今日は夕方からニューズレターのお勉強のためお出掛けします。

なので今から背中の筋肉達を追い込みマッスル( ̄^ ̄)ゞ

 

スクワット=キング・オブ・エクササイズ

 

「1種目しかワークアウト出来ないとしたら何を選ぶ?」

もしもこのような質問をされたなら私は迷わずに答えます。

「スクワットです!」と。

 

スクワットは下半身だけでなく、背中やお腹等体幹の筋肉にも効きます。

自分の体重だけではなくバーベル等を担いで行うのであれば、

なおさら体幹の筋肉への負荷が増します。

ですから高重量を扱うボディービルダーさんは

腹筋単独のワークアウトを行わない方もいます。

更にバーベル等が落ちないように安定させるため、腕や肩の筋肉達も使います。

と言う事でスクワット1種目でほぼ全身の筋肉を鍛える事が出来るんです。

まさにキング・オブ・エクササイズ!

 

そのかわり!他のワークアウトに比べると、

スクワットはめっさめさキツイです!

ワークアウトが大好きな私ですが、正直スクワット前には憂鬱になります。

「カモン!ユダ!カモン!」と

何度も何度も自分を昂らせるために檄を飛ばします。

そしてやり終えた後はいつもへたり込んでしまいます。

しばらく動けなかったりもします。

疲労困憊

 

 

 

 

あっ!私は少しアレなんでこんな感じですが、

皆さんはここまで追い込まなくても良いですよ(^^)

 

痩せたいならスクワット

 

スクワットは多くの筋肉達を動員します。

仮に下半身の筋肉だけを使ったとしても、

全身の7割程度の筋肉を使うと言われています。

使っている筋肉が多いので消費するカロリーも多くなります。

と言う事はダイエット(減量)にも良いんです♪

 

ダイエット目的でスクワットを行う場合には、

1日50回くらいを目標にして週に2、3回行うのがよいとされています。

一気に50回するのはしんどいので、

15回くらいを3回程度に分けて行うのがおススメです。

休憩時間は1分程度でいきましょう♪

正しいスクワットのフォーム等はインターネットで検索すると沢山出てきます。

そちらをご参照ください。

 

自分の体重の重みだけでは負荷を感じない場合は、

ダンベルや水を入れたペットボトルなどを持って負荷を増やしてもよいです。

 また足幅を広げてみたり、狭めてみたり。

腰を下ろす深さを浅くしてみたり、深くしゃがみ込んでみたり。

スピードを早くしたり遅くしたり。回数を増やしたり等々。

様々なバリエーションでスクワットを行う事で筋肉達が慣れてしまわないように、

刺激を変えてあげると良いですね♪

 

と言う事で今回はダイエットにおススメのワークアウト

「スクワット」について書きました。

ちなみに相当ハードにスクワットを行ってもそんなに簡単に脚は太くなりません!

特に女性の皆様はホルモンの影響等もありますので

まずマッチョにはなれません。

むしろ引き締まって細くなる方が多いです。

 

ただし!スクワットでたくさんの筋肉を使ってカロリーを消費しても、

それ以上にしっかりカロリーを摂取しちゃうと

みるみるうちにごっつくなっちゃいますのでご用心!

 


down

コメントする




CAPTCHA


スイーツ