ユダマッスルの今日も頑張りマッスル!

マッスル北村様!申し訳ございません!!

time 2016/04/22

マッスル北村様!申し訳ございません!!

こんにちは!ユダマッスルの油田です。

朝はひんやりしていた東大阪。昼から暑くなるのでしょうか。

もうすぐ5月!夏の始まりですね♪

 

マッスル北村さんの教え

 

筋肉を愛しワークアウトを行う日本人の中に

伝説のボディビルダー「マッスル北村」さんを

知らない者は居ないと思います。

マッスル北村さん、体は勿論、心も強いです。

まさに心身ともに鍛え抜かれたとても偉大な方です。

 

そんな偉大なマッスル北村さん、数々の名言を遺されています。

この名言がマッチョを目指す私にとって、

自分に負けそうな時の救いの言葉になっています。

その中でも、ワークアウト最中に

何時も自分に言い聞かせている言葉がありますのでご紹介します。

 

「1千回と1千1回とでは天と地の隔たりがあった。

まさに最後の1回は全身全霊の限界力を振り絞った一発。

その前の1千回はこの1回のためのお膳立てに過ぎない。

最後の一発はその前の1千回に勝るとも劣らない価値がある」

 

私はこの言葉をワークアウト中には必ず意識しています。

あかん!もうダメだ!と思った時に

「否!まだ大丈夫!あと1回!もう1回!」と

己の全身全霊を出し切ります。

 

Sなのかい?Mなのかい?

 

先日、上記した事を友人達に熱弁していたところ、

「どMやな!」「いや!むしろどSなんちゃう?」

というSM論争に発展しました。

 

ワークアウト最中に「もうアカン!」と思う。

それに対して「アカンちゃうねん!まだいけるやろ!」と

言いきかせ、続けるよう要求する私は「S」

キツイはずなのにその要求に従い、

やり切った後にある種の快楽を得る私は「M」

う~ん悩ましい・・・。

 

3人で散々あーだこーだ考えた挙句

「どっちでも良いやん、そもそも興味ないし!」という結論に至り

SM論争は終止符を打たれました。

 

きっと人間はどっちの要素も持っていて、

ある時はS、またある時はMの要素が強く出るんでしょう。

また、おそらく「S:サディスト 」や「M:マゾヒスト」を

専門的に研究している方々からすると、

そんなに単純な話ではないんだと思います。

 

それよりも大尊敬する偉大なマッスル北村様

こんな感じになってしまって誠に申し訳ございませんでしたm(__)m

 


down

コメントする




CAPTCHA


スイーツ