ユダマッスルの今日も頑張りマッスル!

なんでそんなに食べる事ができるのか?ワークアウトしているからです!

time 2017/04/28

なんでそんなに食べる事ができるのか?ワークアウトしているからです!

どうも!ユダマッスルの油田です!チートデーの翌日に食べたものをブログに書いています。そうすると「よくそんなに食べる事が出来るな!」と言われる事が多いです。なんでそんなに食べる事が出来るのか?それはワークアウトをしているからです♪

ワークアウトでの限界突破は色々な事に応用できる

ワークアウトでは常に限界を超える事を意識し実行しています。ボクもまだまだ出し切れているとは言えませんが「もうダメだ!」からの1回、2回。前回のワークアウトより100gでも重く、1回でも、なんなら半回でも多く。これを意識して実行するのと、しんどくなるとすぐに止めてしまうのとでは筋肉達の発達に雲泥の差が出ます。こんな事を続けていると、日常生活にも影響が出てきます。その1つが食べる事です。

ボクはもともと食べる事が大好きです。だから減量期のチートデーはパラダイスなのです♪チートデーの本来の目的は、減量によって停滞した代謝を爆発的に食べる事で一時的に上げて脳みそを騙す。そしてまた痩せても良いんだと脳に思わせる事で停滞期を突破するものと言われています。

ボクの場合はその本来の目的プラス、モチベーションの維持に活用しています。週に1回好きな物を好きなだけ食べることが出来るというのが減量を続けるモチベーションになります。チートデーに何を食べるのか?を考える時間が至福なのです♪

そしてチートデーになるとワークアウトで限界を超えるがごとく「もう食べられない!」からのひと口、ふた口!前回のチートデーよりも100gでも多く!なんなら50gでも!という状態に陥ります♪そしてだんだんと食べる事が出来る量が増えていくんです。きっと脳ミソの満腹中枢と胃の許容量がアップしていくのだと思います。

減量初期のチートデーでは2kg程度しか増えなかった翌日の体重が、今は3kg以上増えます。最終的には5kg近く増やしたいです。・・・何の目標やねん!

その他ワークアウトで限界を突破する事が常になる事で、ボクの感じている日常生活に及ぼす影響は、身体が変わり心が変わり自信がつく。セロトニンの分泌により精神状態が落ち着く。ストレス発散になる。何かにつけてしんどいと感じるラインが底上げされる。大抵の事は筋肉が解決してくれると思えてくる。というところです。あーちょっと良いこと書いてしまった。

という事で!沢山食べる事が出来るようになりたいならワークアウトが良いよ!という恐らくあまり需要の無いお話でしたー♪


down

コメントする




CAPTCHA


スイーツ